• トップ /
  • 工業が受け持つ防災対策

工業を守るための水害対策とは

工業が受け持つ防災対策

工業面から見る安全対策

工業的にできる水害対策は様々あり、何を基準にするかといった選び方はまずは今住んでいるところに何が不足しているかを書き出すことです。例えば警報装置がないから欲しいとなった場合は、ゲリラ豪雨による浸水や河川の増水時に地域の自主防災に役立つ警報装置が考えられます。警報装置を付けることでメディアの情報や中央行政の情報を待つだけの防災ではなく、独自に判断して身を守ることができます。台風やゲリラ豪雨による入口からの侵入を防ぐことができる防災板は、各家庭でも取り付けが可能な工業製品のひとつです。女性が1人で持っても軽いのに国際基準の試験に合格した止水性能を持つ製品もあり、各家庭で気軽にできる水害対策です。防水板の選び方は入り口に合ったサイズと高さが調節できるものがベストです。自宅や会社ではなく車に乗っているときにできる水害対策は、水に浮く救命具を装備しておくことです。普段は座席シートのカバーとして機能し、いざというときは水に浮かせることができ防寒着や寝袋にもなるものなどがあります。工業面で考えられる水害対策はこのようにたくさんあり、あれこれ付けることができなければとりあえず一番命を守ることができるものを選び方の基本にすれば後悔しません。

工業の必須情報

↑PAGE TOP

Menu