• トップ /
  • 工業における水害対策の導入

水害対策をしている工業について

工業における水害対策の導入

工業を守るための水害対策の導入

工業の経営においては、水害対策にも十分留意する必要があります。近年は台風だけではなく、気候変動によるゲリラ豪雨のように短時間で大量の雨が降ることで、河川が増水し堤防が決壊したり、排水路の容量を超えた雨が溢れ出すなど、工場が浸水するリスクが高まっています。水害は工業製品に被害を与えるだけでなく、工業生産のための資産である工場内の機材や資材などについても大きな被害を与え、長期間にわたる操業停止を引き起こします。このような最悪の状況を防ぐためにも水害対策は重要です。工場内への浸水を防ぐためには、土嚢や止水板(止水ドア)、防水シート等の導入、設置をしなければなりません。最近では、土を入れた土嚢ではなく、手軽に準備のできる水嚢も開発、利用されています。また、このような浸水が起こる前の準備を円滑に行うための浸水警報システムの導入も有用です。それでも、水が敷地内に侵入してしまった場合を想定し、水を排除するための排水ポンプを設置することも重要です。さらに、このような工業を守るための水害対策用の設備導入と合わせて、ハザードマップによる浸水被害の可能性の確認を行うことや、水害対策マニュアルを準備し、職員の意識を高めることも、いざという時の大きな備えになります。

工業の必須情報

↑PAGE TOP

Menu