工業を守る水害対策用の製品

工業製品ならびに、工業生産のための機材や資材を浸水から守るための水害対策のための主な製品としては、水の侵入を堰き止めるための土嚢/水嚢と止水板/止水ドア、敷地内に侵入してしまった水を排除する排水ポンプ、浸水リスクが高まった際に水害対策の準備を促す浸水警報システムがあります。土嚢は布袋の中に土砂を詰めて利用するもので、複数の土嚢を積み重ねて使用することで隙間ができにくくなり、水の侵入を堰き止めることができます。水嚢も土嚢と同様の働きをしますが、土砂ではなく、水を防水袋に入れたものであり、土嚢に比べて扱いやすいという特徴があります。防水板は水の流れを板で堰き止めるものです。特に水が流れやすい出入口に設置されることから、防水ドアと呼ばれることもあります。手動によるハンドル形式のものから、遠隔操作のできる電動式のもの、既存のドアに取り付けるものまで様々なタイプのものがあります。また、板ではなく、防水シートが利用されることもあります。排水ポンプは、敷地内に侵入した水を吸い上げて他の場所に排出するポンプです。特に水が貯留しやすい地下などに設置することで、水位が上昇することを防ぎ、工業製品や資機材を守ります。浸水警報システムは、近隣の河川の水位や降雨状況をモニタリングし、浸水のリスクが高まった際に警報を発する製品で、土嚢/水嚢の準備などの水害対策を円滑に実施するために利用されます。

工業の必須情報

↑PAGE TOP

Menu